中部水産株式会社瀧野 夏希

企画や提案ができる面白さ

自分のアイデアが生かせます

冷凍魚部 冷凍魚課 瀧野 夏希/2010年入社

小さい頃から釣りが趣味。釣り好きにとっては最高の職場です。

大学時代、水産学部に通っていた縁で中部水産に入社しました。仕事内容は大学の授業を通して、おぼろげですが把握していました。でも、一番の理由は釣りですね。小さい頃から釣りが趣味で、海に関わる仕事に就きたかった。海釣りから川釣りまでいろいろやってきましたね。今でも終業後、昼間から釣りに出かけることがあります。弊社には釣り好きの社員は多いですよ。

現在は冷凍魚部に所属し、営業を任されています。海外で水揚げされた水産物は冷凍されて市場に届きます。冷凍魚部はこうした海外商品を主に扱う部署で、それを仲卸さんや量販店・問屋さんに販売しています。私は入社から冷凍エビを担当。一つの魚介に特化して仕事を任せてもらえるので、無理なく商品知識や販売のノウハウを身につけることができました。

自分のアイデアを生かせる仕事。採用された時の達成感は格別!

企画や提案ができるのがこの仕事の面白さです。例えば、「北海道フェア」などがあるじゃないですか? そうしたイベントを企画して売上につなげていくのも方法です。「バーベキュー用の味付け剥きエビ」といった具合に、加工方法を依頼して仕入れることも可能で、それが採用された時には達成感がありますね。商品を右から左へ流すだけでなく、お客様から情報や近況をヒアリングし、アイデアを織り込んで提案できる。受け身の仕事ではないので毎日が新鮮味に溢れています。

会社の雰囲気を話すなら、定着率は高いですね。寮生活をすると仲間意識が芽生えることも理由だと思います。休日に遊ぶ仲間ができるし、仕事では切磋琢磨できるライバルにもなる。あと、思っている以上に自由な時間があるので、趣味に没頭できるのも嬉しい。釣り好きにとっては最高の環境ですよ(笑)。

PAGE TOP