中部水産株式会社若林 敬幸

相対売りは自分次第

結果が出た瞬間がたまらない

加工食品部 加工食品一課 若林 敬幸/2002年入社

自由にのびのびとやらせてくれるからストレスもたまらない。

父親が近い業界で働いていたので入社に抵抗はなかったです。むしろ「ここなら安心して長く働ける」と思いましたね。上場企業なので社会的に信用がありますし、安定したビジネスモデルが確立されているのも知っていましたから。

現在は加工食品一課で営業をやっています。私の取扱商品はセリがないので、販売はすべて相対売り(※一人の売手と一人の買手が話し合いで取引すること)になります。任せてもらえる部分が大きいので、非常にやりがいのある仕事です。ただし、商品力に頼って結果を残せるかと言えばそうでもありません。実は他社と同じ商品を仲卸さんに提案しなければいけないこともあります。そうなるとあとは交渉次第。価格はもちろん、自分と仲卸さんとの信頼関係も大切になってきます。

ただ、会社としては自由にのびのびと仕事を任せてくれるので、ストレスはほとんどありません。懐の大きい会社ですよ。もちろん苦労することもありますが、自分が交渉して販売につながればそんなものは吹き飛びます。やっぱり売れた瞬間が一番嬉しいですね。

働きやすい条件が揃った会社に思います。

オンとオフがしっかりしているので、メリハリのある働き方ができるのが嬉しいところ。休日はよくサーフィンに出かけています。趣味がある人にとっては最適の会社だと思いますよ。

上場企業ですが、転勤がなくて地域密着型で働けるのも特徴です。寮があるので遠方の方でも安心。地元での仕事にこだわる方や安定志向の方にとっては、これほど条件が揃った企業は少ないのではと思います。

PAGE TOP